なぜ資産運用が必要なのか?

資産運用

なぜ資産管理が必要なのか?

(そんなの将来のために決まってる・・・。)と思う方もおられるかもしれません。

将来必要となるお金についてお答えすると、

給与所得者(サラリーマン)の平均年収は男性は521万円、女性は280万円( 出典:国税庁 平成28年度)、そして平均生涯年収は男性は2億5000万円、女性は2億円( 出典:ユースフル労働統計―労働統計加工指標集―2017 )と言われています。

なんだそんなにもらえるのか!と思われますが、これは平均値であって中央値ではありません。一部の大企業が平均を押し上げていることが考えられるため、それらの企業を除けば上記年収はグッと押し下げられることが考えられます。

そして定年を迎える60代の夫婦世帯の貯蓄額は「平均値2,415万円、中央値1,500万円」 ( 出典: 金融広報中央委員会)と言われています。

金融庁の報告書では「夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職の世帯では(公的年金以外で)毎月の不足額の平均は約5万円であり、まだ20~30年の人生があるとすれば、不足額の総額は単純計算で1300万円~2000万円になる。」と言われています。つまり定年まで必死に働いても優雅な余生を過ごすことは愚か、最期までお金に苦労する可能性もあるわけです

更に「人生100年時代」と言われる超高齢化×少子高齢化社会を迎える日本では将来を年金に頼ることはあまりにもリスクが高いと私個人は思います。

なぜ資産運用が必要なのか?

そのような将来に対する不安を感じた私は、貯める蓄えるだけという資産管理の考えを、自分の財産を活用し増やすという資産運用の必要性を強く感じました。

私のように漠然とでも将来に不安を持つ方はおられると思います、またこのサイトに来られたあなたもそうなのではないでしょうか?

将来の自分やパートナー、家族を守るのは今の私、今のあなたです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました